fleur

太陽の光が似合う器

c0133118_15494996.jpg


永塚さんの器は、桃色が光に透ける感じがとても素敵なので、ディスプレイは窓際に。
今日はとても良いお天気で、午後は店内も明るく光が差し込んでいました。
よい具合に、桃色の層が透けていたので、思わずカメラを構えました。


永塚さんの器と出会ったのは、昨年の5月。

雨上がりの晴れ間、水を受けて少し濡れていながらも、
透き通るような白とピンクの器が並んでいた光景は、今でもはっきりと覚えています。

選んで持ち帰った下層がピンク色のしのぎのカップは、
お茶を飲んだり、プリンを入れたり、ある時にはひじきの煮物を入れてみたり、
お茶や食事の時間を楽しませてくれているのです。

写真のカップは、お茶はもちろん、ミルクゼリーを作ったり、これからの季節は冷たいスープも似合いそう。
[PR]
by fleur2005 | 2010-04-29 16:55 | 雑記